賃貸の物件を探す時のコツ|カッコイイが売りのデザイナーズマンション

カッコイイが売りのデザイナーズマンション

女の人

賃貸の物件を探す時のコツ

集合住宅

審査つきの保証会社物件

賃貸住宅を契約する時には、保証人がつきものですが、なり手がいないということもあるものです。そのような場合には保証人不要の、保証会社つきの賃貸住宅がお勧めです。ただし保証会社つきの場合は、家賃をきちんと支払えるかどうかを確認するために、審査が行われます。この場合収入の多寡や、あるいはローンの延滞などが原因で、審査に落ちてしまうこともあります。そのような場合にお勧めなのが、地元に密着している不動産会社です。こういった会社は中小レベルの会社が多いのですが、中には大手のところもあります。地元の賃貸住宅情報に詳しいうえに、大家さんとも懇意ということも多いので、もし保証人がいなくても、間を取り持ってくれて、入居が成立することもあります。

費用を抑えたい時には

一般に賃貸住宅は、契約時に初期費用が必要になります。敷金と礼金に、前家賃といって翌月の家賃を加えたもの、さらに契約月の家賃を一緒に払うしくみになります。契約月の家賃は、その月の家賃を日割りにし、契約日以降の日数をかけたものです。たとえば6月16日に契約して、家賃が6万円の場合、6万を30で割って2000、それに16日を含む残りの日数をかけた3万円が、契約付きの家賃です。しかし費用をできるだけ抑えたいという時には、フリーレントという方法もあります。これも保証人不要で、しかも賃貸住宅入居から数か月間は、家賃なしというシステムです。ただしその分、契約期間内の退去で発生する違約金が高めで、また管理費や共益費は必要となることがあるので、注意しましょう。